女磨き

MENU

女磨きのHOWTO!記事一覧

その場の空気を自然と読むことができ、臨機応変に行動することができる女性は、誰からも好かれます。また、出しゃばること無く、控えめで相手を立てることの出来る女性に男性は魅力を感じます。顔や外見の美しさは出会いにおいて需要なポイントを占めるものですが、たとえ外見がとりたてて美しいわけでは無い女性であっても、気配りが出来る女性は男性の心を惹き付けることができます。逆にどんなに容姿端麗な女性であったとしても...

後悔することのない人生を送るためには「自尊心」を持つことが絶対に必要なこととなります。他人の意見やアドバイスに耳を傾けたり、参考にしたりすることは決して悪いことではありません。しかし、人によっては弁が立つ人や話に説得力のある人に出会うと、本来自分が持っていた考えと違う方向であったとしても、その人が言う方向に進んでしまうことがあります。心の中では何かが違うと思いながら相手のペースに巻き込まれていくと...

女性が自立するということは、どのようなことなのでしょうか。誰にも頼らない、弱音を吐かない、甘えない、悩みは自分で解決する、ということが浮かんでくるかと思いますが、それは違います。本当に辛い時や苦しい時には誰かを頼っても良いのです。寂しい時には、甘えられる人がいるなら甘えたってかまわないのです。悩みがあるなら誰かに相談すれば良いのです。すべてを自分で解決するなんて、ほとんど無理なのですから。自立を念...

女性は恋をすると、ずっと恋人と一緒にいたい、離れたくないと思います。恋人と過ごす時間こそが最高の幸せだと感じる時期があるものです。しかし、その時期は一過性のもので永遠に続くものではありません。恋愛の初期に訪れる蜜月の時期は何ヶ月かで終わってしまいます。しかし、そこからが本当に相手との関係が始まるのだと言えます。人生は恋愛がすべてではありません。仕事があり、勉強があり、趣味があり、それらに関わる様々...

どんな男性にもひとりになりたいと思う時間があります。これは恋人のことをとても愛していたとしても同じです。仕事のことや抱えている問題など、ひとりでじっくり考えたり、ストレスを解消したりするためのひとりで過ごす時間が必要なのです。また、恋人以外との関係や付き合いも大事なもので、時には恋人よりも優先しなければならない場合もあるでしょう。賢い女性であれば、彼がひとりの時間を必要としている時に、彼の好きなよ...

苦手な人は誰にでもいます。しかし、それを外に表してしまうのは賢い女性とは言えません。自分では表していないつもりでも態度や言葉に出でしまうことがあります。これでは人間関係を円滑に行うことはできないでしょう。では何故、苦手意識を持ってしまうのでしょうか。これは、相手が自分と違うからに相違ありません。しかし、自分の価値観に合わないというだけで苦手と感じるのはあまりに幼稚なことと言えます。苦手と感じる人が...

「自分を磨く」「女を磨く」ということの動機づけには、自分に自信を持ちたいという気持ちがあると思います。しかし、その本質としては、男性に好かれる女性になりたいという思いが強いのではないかと思われます。しかし、男性なら誰でもよいわけではありません。少しでも魅力的な男性と結婚して生涯満ち足りた人生を送りたいという気持ちが根底にあります。そのために女性の美への追求はすさまじく、時間や労力、お金も惜しみなく...

女性が持つ女らしさを感じるのはどのような時でしょうか。立ち振る舞いがエレガントで、言葉づかいが上品、自分の話をするよりも人の話を聞くという謙虚さ、そのような女性に女らしさを感じませんか?そのような姿から洗練された大人の女性をきっと感じるはずです。謙虚な態度や優しい笑顔は、内面から自然ににじみ出てくるものです。これらは普段の生活や習慣の中で培われたものなので、その習慣が無い人がとっさにその場だけを取...

さほど美人ではないのに男性に人気のある女性がいます。このような女性が共通して持っているのが、明るさとユーモアです。その女性と話をするだけで、ぱあっと明るい気分になったり、楽しくなったりします。性格が明るく、いつもにこにこ笑顔でいられる女性は、特別に何かをしなくても明るいオーラに包まれています。では、どうすれば明るい性格になれるのでしょうか。それは、プラス思考を持つことです。小さな出来事に捉われて、...

素敵な大人の女性になりたいと誰もが思っているはずです。この素敵な大人の女性になるためには「感性」が必要となります。感性とは、感受性のことであり、物事を敏感に感じ取る働きのことを言います。そして感じ取ったものに何らかの意味や関係性を見出して、さらに創造性を高めていくという能力のことを言います。美しい音楽や演奏を聴いて感動し、その感動を自分の生活や仕事の中で活かしていくことのできる能力と言えます。感動...

様々な物事を体験して、感性は育っていきます。そしてこの育ち始めた感性にさらに磨きをかけるためには、自分に関わるすべての物事や行動に疑問を持つことが大切だと言えます。遭遇している物事や行動が、自分にどのような影響を与え、どのような結果となるかを考えてみるのです。日常のあらゆることに気を配って生活していると、それが日常なのか、非日常なのかがはっきりと分かってきます。少しでも変化を見つけると何かが違うと...

品格を持って生きるといっても、どうすればいいのか分からないと思います。一番いいのは、目標となるような素敵な女性を見つけることです。周りに見つからなかったら憧れの女優さんが良いと思います。なぜ女優さんかというと、女優という仕事は人から見られる仕事だからです。見られるということは、話し方や行動、表情、服装まですべてが注目されています。女優はそれらを強く意識して常に緊張感を持っています。品格は美しくない...

女を磨くためには様々な方法がありますが、一番簡単な方法として、「人の目を意識する」というものがあります。人の目を気にするということは、良い意味での緊張感をもたらします。この緊張感こそ女を磨くために必要不可欠なものなのです。この項では、女を磨く10か条をご紹介します。まず、(1)公共の場で大声を出したり、笑ったりしない。これは品格にも繋がりますので、決して行ってはいけません。(2)厚化粧をしない。つ...

女を磨くためにはファッションセンスを磨くことも必要です。洋服はたくさんあれば良いわけではありません。基本となるアイテムを数点揃えておいて、後はコーディネイトを楽しむというのが本当のおしゃれではないかと思います。この項では、ファッションセンスを磨くためのちょっとしたアドバイスをご紹介します。まず、基本となるアイテムにはシンプルなデザインのものを用意するということです。たとえ流行であったとしても、アシ...

おしゃれな人は着回しが上手い人が多いです。同じ服であっても、がらりと印象を変えたりします。そこで役に立つのが、小物などのアイテムです。スカーフなど使い方のコツを掴んでおくと非常に便利です。首に巻いたり、バッグに巻いてみたり、これだけで印象が大きく変わります。また、ベルトなども印象を変えるには良いアイテムです。シンプルなワンピースに巻いてみるとカジュアルダウンさせることができ、スニーカーなどにも合わ...

おしゃれのセンスを磨くためには、自分の個性や考え方などを服装に反映させてアピールすることが大切だと言えます。シックでクールなファッションをしている人がいたら、その人の性格もシックでクールだという印象を与えることになります。自分の個性や内面を正しく知ってもらうためにも、それを表すことのできるファッションをしなければなりません。まずは、自分らしさ、自分の表現したいものを見つけましょう。優しい雰囲気が好...

洋服選びに重要なポイントとして「デザイン」と「機能」があります。ファッションセンスを磨くにあたっては、デザイン面の方が重視されがちとなっています。いかに格好良く洋服を着こなすかを考えるあまり、デザイン面ばかりを優先してしまいます。確かに、おしゃれをするには洋服のデザインは重要です。デザインが斬新であれば注目を集めることは間違いありません。おしゃれに敏感な若い人たちは、デザインこそが最重要とおっしゃ...

ファッションセンスを磨くためには、同じ洋服を何年も使い続けるということはあまりお勧めできることではありません。もちろん、シンプルなカシミアのセーターや、ベーシックで着やすいアルパカのコートなど機能面でも重宝することのできる高価なものは何年使い続けても飽きるものではありません。しかし、毎年同じ服ばかり着ていては、ファッションセンスを磨くことはできないのです。また、服にも寿命があることを忘れてはいけま...

美を磨くために一番必要なものは、健康です。健康な身体があってこそ、肌は若々しく輝き、髪は艶やかになびきます。健康であるためには、身体を作っている細胞が元気でなければなりません。細胞を活性化させるためには栄養素が重要となります。食物に含まれる栄養素にはそれぞれ役目がありますが、美肌を作るために欠かせないのが抗酸化作用です。抗酸化作用とは、身体を錆びつかせてしまう活性酸素を抑制する働きのことを言います...

ハリと潤いのある肌を保つには、肌の水分量が大きく関係してきます。肌の水分が失われると、カサついてシワが発生しやすくなります。そうならないためにも肌には十分な水分を補給しておかなければなりません。そのために大切なのが化粧水です。今では、デパートの化粧品売り場に行かなくても手軽にコンビニエンスストアで化粧水が買える時代になりました。また、100円ショップなどでも化粧水は売られています。インターネットの...

大人のメイクには目的とテクニックが必要です。まず美しい美肌を演出しなければなりません。美肌のポイントは艶感です。美しい肌に見せようとファンデーションを厚塗りしてしまうのは御法度です。厚塗りすると粉っぽくなって老けて見えてしまいます。肌にソバカスやシミなどの隠したい部分があるなら、コンシーラを使用します。コンシーラで気になる部分をカバーしておけば、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。また、...

高価な化粧品をふんだんに使用しても真皮層にまでは浸透しません。それは、肌にはバリア機能というものが備わっているからです。このバリア機能には、細菌の侵入や外部の刺激などから肌を守る働きがあります。このため化粧水の美容成分は肌の奥にある真皮層にまで到達することができないのです。肌のハリはこの真皮層によってもたらされているので、真皮層に到達しないということは、十分な美容効果を得られないということになりま...

アンチエイジングの意味を御存じでしょうか。「アンチエイジングとは若返りのこと」とお思いの方が多いようですが、これは意味が違います。化粧品のコマーシャルなどで、「肌が若返るアンチエイジング化粧品」などという、フレーズを目にすることがありますが、肌が老化するということは細胞が加齢によって劣化してしまうことです。つまり、化粧品では細胞の劣化を食い止めることは不可能なのです。アンチエイジングの本当の意味は...

メリハリのある美しい身体を作るためにはエクササイズは欠かせません。人は運動を行わなくなると筋肉が衰えてお腹が出たり、お尻が垂れたりしてたるんだ身体になります。また、筋肉が衰えることで代謝量が減り、太りやすい体質になります。そうならないためにも運動は絶対に欠かすことのできないものなのです。運動は大まかにいうと「有酸素運動」と「無酸素運動」の二種類に分かれます。有酸素運動は体内取り入れた酸素を使って、...

身体のコンディションを整え、リラクゼーション効果もあるとして女性に人気のエクササイズにヨガがあります。ヨガを楽しく行うためには3つのポイントがあります。ヨガは無理にポーズを作ったり、回数をこなしたりしてもあまり効果は上がりません。しかし、この3つのポイントさえ押さえておけば、自宅でも簡単にヨガエクササイズを行うことができます。まず1つ目のポイントは「身体を締め付けない服装で、満腹時には行わない」と...

フィットネスクラブなどでもピラティスのクラスが人気となっています。ピラティスは、ドイツ人のピラティスという男性によって考案されたエクササイズです。ピラティスは、独自の呼吸法を使って、機能的な身体作りを行うことを目的としています。ピラティスは、身体の中心部、コア(核)と呼ばれるインナーマッスルを鍛えていきます。このコアを鍛えることで姿勢が良くなり、持久力や柔軟性を養うこともできます。エクササイズ中は...

残念ながら今の女性たちは、男性の持つお金の力に翻弄されている人が多いようです。「男の価値は収入で決まる」と言い切る女性もいるほどです。今はやりの婚活でも、「医者、実業家、弁護士」のようなエグゼクティブクラスの男性の人気が高いようです。しかし、本当にお金があれば一生幸せに暮らして行けるのでしょうか。お金があるということが、その人の人間性や人格が優れているということとイコールになるのでしょうか。大切な...

外見に限らず、内面の美しい女性は真実の美が何であるかを理解し、美しくなるために必要な知識を持ち、それらを日々実行しています。その土台とも言える「美の原点」とはなんでしょうか。それは、心と身体が共に健康であることです。あまりにシンプル過ぎて見過ごしてしまいがちですが、これはとても大切なことです。規則正しい生活習慣や栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠と適度な運動、精神の安定と心のゆとり、これらがすべ...

女の価値とはなんでしょうか。それは、立ち振る舞いや言葉づかい、礼儀と常識を理解し、相手を尊重する心を持ち、謙虚で素直な優しさを持ち合わせていることではないでしょうか。これらすべてを持ち合わせているとしたら、その人は素晴らしく価値のある女性だと言えます。いくら外見をブランド物で飾り立てて、綺麗に化粧を施しても中身が空っぽでは意味がありません。真のいい男は女の内面を見抜くことができます。いい女を賢い男...

本当のいい女は、女らしさを決して忘れたりはしません。外見がフェミニンで女らしいということも大切かもしれませんが、本当の意味での真の女らしさとは内面からにじみ出てくるものだと思います。物腰の柔らかさや優しさ、謙虚さ、繊細さなどを持ち合わせた女性は、男性からすると非常に魅力的で、強く惹かれる存在となります。女らしくなるのに顔が美しい必要はありません。顔がさほど美しいわけでなくても、女らしさが身について...